近年の秋の味覚

北海道に住んでいるものにとって、秋を告げる魚が,サンマと鮭です。

今年はどうなのでしょう、例年お盆頃には初水揚げの便りの届くサンマも確かにとれているようですが、本格的な似ず上げにはつながっていないようです。近年は、中国や台湾のサンマブームで、中国と台湾の大型船が公海上で捕ってしまい、日本近海まで寄ってこないということもあるようです.

このせいで各地で、行われる予定のサンマ祭りが中止になったり、冷凍サンマに変えたりしているようです。庶民のサンマであったはずが、今では高級品になりつつあるようです。

秋を告げるサンマが庶民の手から逃げていくとは、これは海水の温度だけのせいではないですね。乱獲で、海からサンマがいなくなることだってありますから、中国、台湾さん、注意ですよ。そして秋を告げると言えば、秋鮭ですね。

去年は不漁でしたが、今年はどうなのでしょう。ニュースに出てきません。元は解禁日に編み一杯に跳ねる秋鮭の映像が流れるのですが今年はまだ見ていません。今年も不漁なのでしょうか。

スーパーでは年中鮭の切り身は売っていますが、殆どは、海外の養殖ものです。生の天然もの秋鮭ではないのです。この時期にしか食べることの出来ない、石狩鍋も食べることが出来ません。

今年もイクラが高いのですか、困ったものですね。秋鮭はほとんどが放流したものが故郷の川に戻ってくることになっているのですが、きん年は開基率が下がっていますね。ただの海水温の違いで戻れなくなった鮭たちは何処へ向かうのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です